今日の様子(10/3)

施設ブログ

寒暖の差が大きくなってきました。この時期は体調を崩しやすいです。特に重症心身障害のお子様たちは体温調節が苦手なお子様が多いので、事業所内の空調を含めて子供たちの体に負担がかからないようにしたいです。

さて今日の様子です。
今日は仲良しの二人が利用してくれました。

個人が特定できない様に画像の一部を加工しています。

お互い顔を見合わせることができる様にしました。お二人ともリラックスできている様子でした。私たちが行っている療育は、お子様たちにリラックスしていただく事が大前提です。スタッフが楽しい雰囲気を作ろうと努力していますが、大人が作る雰囲気には限界があります。仲の良いお友達が一緒にいてくれる事でリラックスできるというのは大変ありがたい事です。

個人が特定できない様に画像の一部を加工しています。

上の写真は足のストレッチをした後に背もたれ無しで座っている様子です。普段車椅子に座っている時は足が浮いてしまう事がありますが、ストレッチ後は緊張も和らいで足が着いています。
今日は足のストレッチだけではなく、腰回りのストレッチも実施しました。これは写真のお子様が通院しているリハ専門職からの提案があり本日早速行いました。腰回りのストレッチを取り入れることで、足のストレッチもスムーズに行う事ができました。

個人が特定できない様に画像を一部加工しています。

次の目標としては、足がしっかり着いた状態で良い姿勢を取れる事です。自分で背筋を伸ばして座れる時間を少しづつ増やしていきたいです。そのためには、まずは足腰の緊張を少なくして動きを良くすることと考えています。無理のない範囲で行っていきたいです。

個人が特定できない様に画像を一部加工しています。

写真のお子様は本日うつ伏せを40分程度行いました。少しづつですがうつ伏せの時間を伸ばしていきたいです。その後仰向けになって頸と手のストレッチを行いました。隣でお友達が見守って頂いているので、手の動きがスムーズでした。顔をお見せできないのが残念ですが、大変素敵な表情をしています。私達の会話を聞いて笑っている様でした。

ウェルスマイルでは、「個の成長をサポートする」をスローガンに個別療育を実施しています。
個別療育はウェルスマイルだけで完結するものではなく、ご家族をはじめ、お子様に関係している全ての機関が目標と情報を共有して相乗効果が生まれ、効果が上がると考えっています。保護者様の了解を得て個別療育の様子を積極的にお伝えしていきたいです。それがお子様の成長にプラスになると考えています。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました